奇跡のいちご大福

年が変わるまでにいちご大福を始めるのは何年ぶりだろうか?

「今年は苺の生育が順調です!」と半月前くらいに連絡をもらっていましたが、そのまま順調に「奇跡の苺」が届きました。

「奇跡」って大層なことを言うな!と言われそうですが苗の時点から無農薬と言うのは無いですし、肥料を使わないといっても普通は微生物の力を借りたりしますが人工的な微生物の移動もなく、ただ「水」だけです。

その「水」がどんな水であるかは大変重要ですが。

 

苺の無農薬無肥料での栽培が難しいのは皆んなが知るところですが、田代さんところの農業技術だけではなく色んな自然環境が重なり合ったり、一番は田代さんのご家族の苺への想いですね。

ここ何年かは、ずいぶん苦労されているのを知っているので今年のように苺が採れるのは、こちらも嬉しくなります。

本当に、こんな育ち方をする苺はないと思いますので機会があればお味見下さい。

 

その苺を包む求肥はオーガニックシュガーと自然農法の餅粉。
粒あんはオーガニックですが、白あんはオーガニックではありません。

苺を引き立てる為に「生地は薄め、餡も少なめ、苺は大きめ」にしております。

ー お菓子で百薬の長を目指す ー
餅匠 しづく

大阪市西区新町1丁目17-17
06-6536-0805

家庭で小さな出来ることからライフスタイルを変えて行こう!という
「食から始まる小さな奇跡の会」のメルマガ登録はこちらから宜しくお願い致します。

http://mochi-shizuku.net/cyfons/formadd/?group_id=1

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

PAGE TOP