お菓子たちの主張 ー アンチテーゼ ー

よくTVや雑誌に取り上げて戴くフランボワーズの大福なんですが、見た目が真っ赤だったり、和菓子にフランボワーズを使ったものがなかったりするので「NEO和菓子」として載せていただきます。

ですが真意はちょっと違うところにあります。

 

このお菓子の説明がないと「お菓子で百薬の長を目指す」と言っているのに、この毒々しい赤は何だ〜!となってしまうので、このお菓子の主張を! この毒々しい赤は、人工着色料に対してのアンチテーゼでもあります。

これは野菜のビーツで染めていますが、その工程で一つの事に気づきます。

 

まずビーツを擦りおろして、それを布巾で搾りますが、その際に使った布巾は血で染められたように真っ赤になります。

その布巾を洗う際は、ただの水だけで洗っても、何の痕跡もなく真っ白な布巾に戻ります。

これは自然のものは水に溶けると言う事ですね。

 

普通、水と油は溶け合わないとされていますが、昔ながらの製法で作られた天然の油で料理されたものをのせたお皿などは洗剤を使わなくてもお湯だけで、キュッキュッと言うくらい綺麗になります。

人工着色料が布巾に一滴ついても中々落ちません。

 

勿論、食べ物ですので、これが布巾ではなく、体の中で起きます。
人工着色料は発ガン性の可能性もあります。

水に溶けないと言う事は体の中に留まる可能性も高いと言う事ですね!

味の方は、フランボワーズの甘酸っぱさと白あんにラム酒を効かせていますので、そういう意味ではNEO和菓子です。

中の白あんもビーツで染めていますので、中も真っ赤です。

最近のコメント

PAGE TOP